カテゴリー:ブログ

VIX先物を直接売買するにはインタラクティブブローカーズ ほぼなんでも扱っている
CFDならIG証券かGMOクリック
IG証券は最小単位が200、スプレッド0.2 期近と期先の扱い
GMOは最小単位が10、スプレッド0.05 期近のみだが限月変更がVIX先物の満期の1週間前

VXX
VXXの利点は日々期先に乗り換えている点である。期先が高いコンタンゴの場合は日々減価していることになるため買い持ちはどんどん資産が目減りする。従って売り持ちの方が多い。
しかし、VXXは基本的に売りができないことが多い。できても証拠金が割り増しになっていたりする。
IG証券ではCFDで扱いがあるがスプレッドがあり、個別株扱いで手数料が往復でかかる。VXXに似たものでボラティリティ指数がある。手数料はないがスプレッドが0.2前後ある。
GMOクリックでは扱いがない。

VIX先物の期間構造は圧倒的に期先の高いコンタンゴ状態である。
従って一時的に期近の高いバックワーデーションになってもいずれコンタンゴに戻ることが予想される。
このことからバックワーデーション状態のときに期近を売り、期先を買うカレンダースプレッドでサヤが取れる確率が高い。
単にVIX先物を売るよりも期先を買っているためヘッジになる。
バックワーデーションになっているということは相場が荒れているからであり、いずれ収束するとはいえさらに相場が下落しVIXが上昇することもありうるからである。
安易なVIX売りは安易なPUT売りと同じである。

カテゴリー

移動平均上での最大上昇幅

リーマンショック後 移動平均上転換後次の移動平均下転換まで ※2004~2018

S&P500
 2009/3/12~2009/5/6 22.4%上昇(22.4%以上はこの1回のみ) ※26% 6/12
日経平均
 2009/3/13~2009/4/20 17.9%上昇(17.9%以上は3回※2012/3/27 +21.1、2013/2/25 +29.2%) ※33.9% 6/12

コロナショック後 直近最大上昇

 

S&P500
 2020/5/15~2020/6/5 11.5%上昇

 

日経平均
 2020/4/6~2020/6/5 22.8%上昇 

 

いずれにしろ後10%は上昇余地あり

カテゴリー

エクセルでの正規分布の計算

例えば,20歳日本人男性の身長の分布はほぼ正規分布にあてはまり,平均が170.5cm,標準偏差が5.9cmであるとしましょう.そのとき身長160cm以下は,全体のどれだけいるでしょうか?
NORMDIST(160, 170.5, 5.9, true)と入力して,計算できます.

目標数値、平均、標準偏差、trueは下側累積確率

カテゴリー
タグ

オプション取引において、IVの変化を知るためにスマイルカーブを見る人は多いだろう。
スマイルカーブは各権利行使価格のIVを見るものだが、ATMの変化、残存期間などの影響によりIVが変化するが、時間的経過による影響をなくしてIVの変化をみたいなどの要求に答えるために権利行使価格ではなくマネーマスによってスマイルカーブを構築するらしい。
時間的影響を排除したスマイルカーブ
横軸を権利行使価格を原資産、あるいはATMで割るなどの方法があるようだが、デルタにする方法もあるらしい。
スマイルカーブのプロット方法
個人的はデルタで構築したいが、結局デルタも随時変化しているわけだし、リアルタイムで変化を知るようなものは構築できそうにない。
また、IVの変化を知ることが最低限できればいいわけで、その理由が仮に時間的なものだとしてもそれが分かっていればいいとも言える。
さらに、各権利行使価格のIVの変化も知りたいわけだし、もしマネーマスでのIVの変化を知りたければATMでのIVの変化だけでもいいのではないかとさえ思えるし、それこそ日経平均VI指数でも良さそうである。
いずれにしろその情報をいかに使うかということが重要だろう。
マネーマスによるIVの変化をどう利用するかのアイデアが未だないので、追々やればいいだろう。

 

しかし、マネーマスで検索してもほとんどヒットしない日本の投資環境はこれでいいのだろうか(笑)

カテゴリー
タグ